利用規約Terms of Use

株式会社ジェイティップス(以下、「当社」といいます)は、石巻トラベルSIM通信サービス(以下「本通信サービス」といいます)に関する利用規約(以下、「本規約」といいます)を以下の通り定め、これにより本通信サービスを提供します。

第1章 通信サービス

第1条 サービスの内容

  1. 本通信サービスの内容は、別途契約者に対して提示される別表1において示されているとおりとします。
  2. 当社は、本通信サービスの内容を変更する場合があります。また、本通信サービス提供のために当社がサービス提供に関する契約を締結している株式会社ソラコムおよび株式会社ソラコムにサービスを提供する携帯電話事業者(以下、「携帯電話事業者」といいます)の対応に起因して、本通信サービスの内容が変更される場合があります。

第2条 通信区域

  1. 本通信サービスの通信区域は、携帯電話事業者の通信区域の通りとします。本通信サービスは、接続されている端末機器が通信区域内に在圏する場合に限り行うことができます。ただし、当該通信区域内であっても、屋内、地下駐車場、ビルの陰、トンネル、山間部等電波の伝わりにくい場所では、通信を行うことができない場合があります。
  2. 当社は、本規約に同意のうえ、本通信サービスの利用契約を締結した契約者(以下、「契約者」といいます。)が本通信サービスを利用されたことにより契約者に損害が発生した場合にも、当社は一切の責任を負いません。ただし、当社に故意または重過失がある場合はこの限りではありません。

第3条 契約の成立、期間及び通信容量

  1. 本通信サービスの利用に関する契約(以下「本通信サービス利用契約」といいます。)は、契約者が、本通信サービスを利用するために必要な SIM カード(以下「SIM カード」といいます。)を当社から受領した時点で成立するものとします。なお、SIM カードには当社によってそれぞれ開通期限が定められており、この期限以後に開通手続を行うことはできません。
  2. 前項の定めにかかわらず、パッケージの購入契約は代金支払い後パッケージが引き渡された時点で成立し、パッケージ購入契約成立後のパッケージの返品・交換はできないものとします。
  3. 契約成立後、本通信サービスの提供期間及び通信容量は、別表1に定めるとおりとします。

第4条 権利等の譲渡制限等

  1. 契約者は、本通信サービス利用契約に基づいてサービスの提供を受ける権利及び SIM カードを、譲渡することはできません。
  2. 契約者は、本通信サービスを再販売する等第三者に本通信サービスを利用させることはできません。

第5条 利用の制限

  1. 当社は、天災、事変その他の非常事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保、又は秩序の維持その他の公共の利益のために必要となる通信を優先的に取り扱うため、本通信サービスの利用を制限することができます。
  2. 当社は、帯域を継続的かつ大量に占有する通信手順又はアプリケーションを用いて行われる電気通信を検知し、その電気通信に割り当てられる帯域を制御すること等により、その電気通信の速度や通信量を制御することができます。
  3. 当社は、契約者が次に掲げる事由に該当するときは、当該契約者に対する本通信サービスの利用を停止又は制限することができます。
    • (1) 料金支払その他の本契約に基づく債務について、履行を遅滞したとき
    • (2) 契約者が当社に対し虚偽の事実を通知したとき
    • (3) 契約者が第 16 条の規定に違反したと当社が認めたとき
    • (4) 契約者が指定したクレジットカードを使用することができなくなったとき
    • (5) 本規約に違反したと当社が認めたとき

第6条 通信の切断

  1. 当社は、本通信サービスの通信に関して、次の措置をとることがあります。
    • (1) 契約者回線がデータ通信を行うことができる状態(かかる状態を以下「セッション」といいます。) に長時間継続されたと当社が認める場合において、その通信を切断することがあります。
    • (2) 同一セッション内に大量の通信があったと当社が認める場合において、その通信を切断することがあります。

第7条 契約者識別番号

  1. 当社は契約者に対して契約者識別番号を付与します。但し、契約者識別番号の付与は、契約者が本通信サービスを継続的に利用できることを保証することを意味するものではありません。
  2. 当社は、当社の業務の遂行上やむを得ない理由(技術上の理由を含みますが、これに限りません。) があるときは、SORACOM Air Japan サービスの契約者識別番号を変更することがあります。

第8条 サービスの提供中止

  1. 当社は、次の場合には本通信サービスの提供を中止することができます。
    • (1) 当社の電気通信設備又はシステムの保守上又は工事のためにやむを得ないとき。
    • (2) 電気通信事業者(以下「通信キャリア」といいます。) が当社への通信サービスの提供を停止するとき。
    • (3) クラウド提供業者が当社へのクラウドサービスの提供を停止するとき。
    • (4) 第7条規定により、契約者識別番号を変更するとき。
  2. 当社は、前項の規定により本通信サービスの利用を中止するときは、あらかじめそのことを当社のウェブサイト等において掲示します。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

第9条 サービスの廃止

  1. 当社は、技術上及び業務の遂行上やむを得ない場合は、本通信サービスの全部又は一部を廃止することがあります。

第10条 契約者が行う契約の解除

  1. 契約者は、当社に対し、当社所定の方式により通知をすることにより、本契約を解除することができます。この場合において、当該解除の効力は、当社が予め定める日又は契約者が当該通知において解除の効力が生じる日として指定した日のいずれか遅い日に生じるものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、第 5条、第 6条、又は第 8条の事由が生じたことにより本通信サービスを利用することができなくなった場合は、契約者は、当社に通知することにより、当社が当該通知を受領した日をもって本契約を解除することができます。

第11条 当社が行う契約の解除

  1. 当社は、契約者が次に掲げる事由に該当するときは、本契約を解除することができます。その場合、当社は、合理的な時期に契約者にその旨を通知します。
    • (1) 第5条の規定により本通信サービスの提供を停止又は制限された契約者が、なお当該利用停止の原因事実を解消しないとき。
    • (2) 第5条各号の規定のいずれかに該当する場合で、その事実が当社の業務の遂行に特に著しい支障を及ぼすと当社が判断したとき。
    • (3) 当社と通信キャリアとの間の当社への携帯電話サービスの提供に関する契約が通信キャリアによって解除されたとき。
    • (4) 当社とクラウド提供業者との間の当社へのクラウドサービスの提供に関する契約がクラウド提供業者によって解除されたとき。
  2. 第9条の規定により本通信サービスの全部が廃止されたときは、当該廃止の日に本契約が解除されたものとします。

第12条 SIM カードの貸与

  1. 当社は、契約者に SIM カードを貸与し、契約者は当該 SIM カードを自ら使用することができます。この場合において、貸与する SIM カードの数は、1 の本通信サービス回線につき 1 とします。
  2. 当社は、当社の業務の遂行上やむを得ない理由(技術上の理由を含みますが、これに限りません。) があるときは、当社が貸与する SIM カードを変更することがあります。
  3. 契約者は、当社が契約者に対して提供する SIM カードにつき通信キャリアが当社に対して課す管理義務その他の義務を遵守するものとします。また、契約者による SIM カードの管理不十分、使用上の過誤等による損害は契約者が負担するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。

第13条 SIM カードの返還

  1. 当社から SIM カードの貸与を受けている契約者は、次の場合には、当社が別に定める方法によりその SIM カードを当社が指定する場所へ速やかに返還していただきます。
    • (1) 契約者が、本通信サービスの利用を休止し又は契約者との間の契約が解除その他の理由で契約を終了したとき。
    • (2) 第12条の規定により、当社が SIM カードを変更するとき。
    • (3) 第7条の規定により当社が契約者識別番号を変更するとき。
    • (4) 本契約が解除又はその他の理由により終了した場合。
    • (5) その他契約者が SIM カードを利用しなくなったとき。

第14条 端末機器

  1. 契約者は電気通信事業法及び電波法等の関係法令が定める技術基準に適合し、本通信サービスが対応する端末を利用することとします。
  2. 前項の規定によるほか、外国の無線局(電波法第 103 条の 5 に規定するものをいいます。)の自営端末設備を接続する時は、当社に請求を行うものとし、当社は以下の場合を除き、その利用を承諾します。
    • (1) その自営端末設備が電波法第 3 章に定める技術基準に相当するものとして総務大臣が別に告示する技術基準に適合していることを当社が確認できないとき。
    • (2) その自営端末設備が NTT ドコモとローミング協定を締結している外国の電気通信事業者に接続することを認められたものでないとき。
    • (3) その接続が事業法施行規則第 31 条で定める場合に該当するとき。
  3. 当社は、契約者に対し、契約者回線に接続されている自営端末設備に異常がある場合その他電気通信サービスの円滑な提供に支障がある場合、電波発射の停止命令があった場合等はその自営端末設備の使用を停止させることができます。

第15条 データ量の測定

  1. 本通信サービスについて、当社は、別表1に定められたデータ量に応じた利用の制限、または課金のため、契約者に対して契約者回線と当社の間において伝送されるデータ量を当社の機器により測定します。この場合において、回線の故障等発信者又は着信者の責任によらない理由により、データ(当社が定めるものを除きます。) が通信の相手先 (その通信が相互接続点への通信であるときは、その相互接続点を通信の相手先とします。) に到達しなかった場合には、そのデータについては、データ量の測定から除きます。

第16条 禁止行為

  1. 本規定の他の規定において定めるものに加え、契約者は、次の各号に掲げる行為を行うことはできません。
    • (1) 電気通信事業法及び電波法等の関連法令が定める技術基準に適合しない端末を利用すること
    • (2) 本通信サービスが対応しない端末を利用すること
    • (3) 当社所定の基準を超過したトラヒック量を継続的に発生させることにより、本通信サービス用に使用される設備又はシステムに過大な負荷を生じさせる行為
    • (4) 児童買春、児童ポルノを閲覧又は取得するため、迷惑メール又は SMS 等の送信その他当社が不適切と判断する目的において本通信サービスを利用する行為
    • (5) 本通信サービスの利用者資格を含む本通信サービスにより提供する情報(以下、「本通信サービス提供情報」といいます。)の全部若しくは一部の第三者への譲渡、承継、転貸、質権その他担保に供する等の行為
    • (6) 第三者の使用に供するために本通信サービスの利用者資格を含む本通信サービス提供情報の全部若しくは一部を複製すること。
    • (7) 第三者(契約者を除きます。) に本通信サービス及び本通信サービス提供情報を取扱わせること。
    • (8) 本通信サービス提供情報を改変又は改竄すること。
    • (9) 第三者が提供する商品又はサービスに対して本通信サービス提供情報を利用すること。
    • (10) 当社の知的財産権を侵害する商品又はサービスに対して本通信サービス提供情報を利用すること。
    • (11) 本通信サービス提供情報を基にして知的財産権を出願すること。
    • (12) 不正なアクセス、コンピューターウィルス等を用いて本通信サービス提供情報を格納するサーバーに対して攻撃を行うこと。
    • (13) 本通信サービスに対し、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他一切の解析を行うこと。
    • (14) 前各号の行為を第三者に行わせること。

第17条 サービス利用料

  1. 当社が提供する本通信サービスの料金(以下、「本通信サービス料金」といいます。) について、その額及び計算方法は、別表1に定めるところによります。

第18条 サービス利用料の支払義務

  1. 契約者は、本契約に基づいて当社が契約者回線の提供を開始した日から、本料金表に規定する本通信サービス料金を支払う義務を負います。
  2. 契約者は、本契約に基づいて当社が契約者回線の提供を開始して以降は、第7条、第8条又は第5条により本通信サービスを利用することができない又は利用しない状態が生じたときであっても、本通信サービス料金を支払う義務を負います。

第19条 サービス利用料の支払方法

  1. 契約者は、本通信サービス料金を、当社が指定する日までに、当社が指定する方法により支払うものとします。

第20条 延滞利息

  1. 契約者は、本通信サービス料金その他の本契約に基づく支払債務(延滞利息を除きます。) について支払期日を経過してもなお支払いがない場合には、支払期日の翌日から支払いの日の前日までの日数について、年 14.5%の割合で計算して得た額を延滞利息として支払っていただきます。

第21条 期限の利益喪失

  1. 契約者は、次の各号に定める事由のいずれかが発生したときは、当社に対して負担する本通信サービス料金その他の債務の全てについて、当然に期限の利益を失い、当社に対して直ちにその本通信サービス料金その他の債務を弁済しなければならないものとします。また、以下の各号に定める事由が解消されない限り、当該事由が発生したのちに発生する債務については、契約者は、当社から請求があれば直ちに弁済しなければならないものとします。
    • (1) 契約者が支払不能に陥ったと当社が認めたとき。
    • (2) 契約者について、破産手続、会社更生手続、民事再生手続その他法令に基づく倒産処理手続が開始されたとき。
    • (3) 契約者に係る手形又は小切手が不渡りとなったとき。
    • (4) 契約者の資産について、仮差押え、仮処分、仮登記仮処分、保全差押え、差押え、強制執行、保全処分、競売申立又は滞納処分の命令若しくは通知が発送されたとき
    • (5) 契約者について電気通信事業の登録又は届出が取り消されたとき。
    • (6) 契約者が電気通信事業の全部を廃止したとき。
    • (7) 契約者の所在が不明なとき。
    • (8) その他契約者の業務継続に重大な支障を及ぼすと認められる状態が発生した場合。

第22条 補償

  1. 当社及び契約者は、本約款に定める義務に違反したことにより相手方に損害を与えた場合には、本約款に別途定める場合を除き、当該義務違反により相手方が被った損害を賠償する責任を負うものとします。

第23条 責任の制限

  1. 当社は、第三者の責めに帰すべき事由によって本通信サービス及びこれらに付帯するサービスが利用不能となった場合、責任を負わないものとします。
  2. 当社は、本通信サービスを提供すべき場合において、当社の責に帰すべき事由により本通信サービスが、当社が利用不能となったことを認識してから 24 時間以上の時間(以下「利用不能時間」といいます。) 、継続して完全に利用不能となった場合において、契約者から請求があった場合、当社は、契約者に対し、その請求に基づき、利用不能時間を 24 で除した日数 (小数点以下の端数は、切り捨てます。) に応じた本通信サービス料金額を、当該契約者に対する請求額から減額します。ただし、契約者が利用不能となったことを知った日から 3 ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、契約者は、その権利を失うものとします。ただし、当社の故意又は重大な過失による場合はこの限りではありません。
  3. 事由の如何を問わず、当社が契約者に対して損害賠償責任を負う場合、当該契約の本通信サービス料金を上限とします。ただし、当社の故意又は重大な過失による場合はこの限りではありません。
  4. 前各項の規定にかかわらず、通信キャリア・クラウド提供業者の帰責事由による本通信サービスの利用不能の場合には、当社は、通信キャリア・クラウド提供業者から受領した損害賠償額を限度として契約者に生じた損害(但し、現実に発生した通常損害に限られ、逸失利益、間接損害は含みません。) につき責任を負います。
  5. 当社は、本通信サービスの提供が行われなかったことによる逸失利益、第三者から契約者への問合せ対応、故障修理の請求等その他の苦情の受付又は対応等に要した費用等について一切責任を負わないものとし、契約者はかかる逸失利益又は費用等を当社へ請求しないものとします。
  6. 電気通信設備又はシステムの修理、復旧等に当たって、その電気通信設備又はシステムに記憶されている内容等が変化又は消失することがあります。当社はこれにより損害を与えた場合に、それが当社の故意又は重大な過失により生じたものであるときを除き、その損害を賠償しません。

第24条 その他

  1. 本規約のいずれかの規定が法律に違反していると判断された場合、無効または実施できないと判断された場合であっても、当該条項以外の規定は、引き続き有効かつ実施可能とします。
  2. 本規約から生じる当社の権利は、当社が権利を放棄する旨を契約者に対して明示的に通知しない限り、放棄されないものとします。

第2章 会員

第25条 石巻トラベルSIM会員

  1. 本規約に同意の上、所定の方法により会員登録をした個人(以下「会員」と会員といいます)は、株式会社ジェイティップス(以下「当社」といいます)の定める条件に従って、当社または当社が提携する企業が提供する各種サービス(以下「当社提供サービス」といいます)を利用することができます。ただし、別途当社が定める事項の登録を必要とする場合があります。
  2. 会員は、会員としての地位およびサービスの利用により当社に対して取得した一切の権利を譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することはできません。

第26条 規約適用範囲

  1. 本規約は、当社提供サービスを利用する全ての会員に対して適用されます。
  2. 本規約の内容は、会員への事前の通知なしに必要に応じて変更することがありますので、当社提供サービスをご利用の際には当社提供サービス上に掲載されている最新の本規約をご確認下さい。
  3. 当社が前項に基づき本規約の内容変更を行った後、会員が当社提供サービスを利用した場合、当該会員が本規約の変更を承諾したものとみなすものとします。
  4. 当社提供サービスに関し、別途当社と会員との間に適用される個別の規約・約款等及び当社提供サービス上に掲載する諸注意等が存在する場合、これらの個別の規約・約款・諸注意等は本規約の一部を構成するものとします。

第27条 会員登録手続

  1. 会員資格
    本規約に同意の上、所定の方法により会員登録をした個人は、所定の登録手続完了後に会員としての資格を有します。なお、過去に会員資格が取り消された方やその当社が相応しくないと判断した方からの会員申込についてはお断りする場合があります。
  2. 会員登録に際して、以下の条件をお守り下さい。
    • (1) 会員登録手続の際には、入力上の注意をよく読み、所定の入力フォームに必要事項を真実かつ正確に入力してください。
    • (2) 会員登録手続は、会員となるご本人が行ってください。代理による登録は一切認められません。
    • (3) 会員登録時にメールアドレスを登録する際は、会員ご自身の保有するメールアドレスをご登録下さい。他人のメールアドレスでのご登録はお断りします。
    • (4) 1人の利用者による複数の会員登録および/またはユーザIDの保有は認めていません。

第28条 ユーザIDおよびパスワードの管理

  1. ユーザIDおよびパスワードは、会員本人が責任をもって管理してください。入力されたユーザIDおよびパスワードが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、会員による利用があったものとみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により会員以外の者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について当社は一切責任を負いません。

第29条 登録情報の変更

  1. 登録した情報に変更が生じた場合は、速やかに変更登録をお願いいたします。変更登録がなされなかったことにより生じた損害について、当社は一切責任を負いません。また、変更登録がなされた場合でも、変更登録前にすでに手続がなされた取引は、変更登録前の情報に基づいて行われます。このような取引について登録情報の変更内容を取引の対象となる商品または役務を提供する者(以下「サービス提供者」といいます)に通知する必要がある場合には、会員よりサービス提供者に直接ご連絡下さい。

第30条 会員の退会

  1. 会員が退会を希望する場合には、当社までご連絡ください。所定の退会手続の終了後に、退会となります。

第31条 当社の免責

  1. サービス提供者、サービス提供者との取引内容・取扱商品・サービス・ページ上の記載内容・各種コンテンツの内容、サービス提供者における個人情報の取扱いなどにつきましては、当該サービス提供者に直接お問合せください。これらに関する内容の真偽、正確性、最新性、有用性、信頼性、適法性、第三者の権利を侵害していないことなどについて、当社は一切保証いたしません。
  2. 通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他当社のサービスに関して会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 当社は、当社のウェブページ・サーバ・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピューター・ウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証いたしません。
  4. 当社は、会員およびサービス提供者に対し、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、それにより責任を負うものではありません。
  5. 会員が本規約等に違反したことによって生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
  6. 前5項に関わらず、当社に故意または重過失がある場合には、この限りではありません。

第32条 禁止事項

  1. 当社提供サービスの利用に際して、会員に対し次の各号の行為を行うことを禁止します。
    • (1) 法令、本規約に違反すること
    • (2) 当社、サービス提供者およびその他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねること
    • (3) 青少年の心身に悪影響を及ぼす恐れがある行為、その他公序良俗に反する行為を行うこと
    • (4) 他の利用者その他の第三者に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為を行うこと
    • (5) 虚偽の情報を入力すること
    • (6) 有害なコンピュータプログラム、メール等を送信または書き込むこと
    • (7) 当社のサーバその他のコンピュータに不正にアクセスすること
    • (8) ユーザIDおよびパスワードを第三者に貸与・譲渡すること、または第三者と共用すること

第33条 反社会的勢力に対する表明保証

  1. 会員は、自らが暴力団または暴力団関係企業・団体その他反社会的勢力(以下、総称して「反社会的勢力」という)ではないこと、反社会的勢力の支配・影響を受けていないことを表明し、保証するものとします。
  2. 会員が次の各号のいずれかに該当することが合理的に認められた場合、当社はなんら催告することなく会員資格を取り消すことができるものとします。
    • (1) 反社会的勢力に属していること
    • (2) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していること
    • (3) 反社会的勢力を利用していること
    • (4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていること
    • (5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していること
    • (6) 自らまたは第三者を利用して関係者に対し、詐術、暴力的行為、または脅迫的言辞を用いたこと
  3. 前項各号のいずれかに該当した会員は、当社が当該取り消しにより被った損害を賠償する責任を負うものとし、自らに生じた損害の賠償を当社に求めることはできないものとします。

第34条 会員情報の取扱い

  1. 当社は、当社のプライバシーポリシーに従い、個人情報を取り扱います。

第35条 サービスの利用

  1. 各サービスの利用に際しては、当該サービスの利用規約に、あらかじめ同意していただく必要があります。

第36条 サービスの中断・停止等

  1. 当社は、サービスを常に良好な状態でご利用いただくために、システムの定期保守や緊急保守を行う場合、システムに負荷が集中した場合、サービスの運営に支障が生じると当社が判断した場合、会員のセキュリティを確保する必要が生じた場合、その他必要があると判断した場合には、事前に通知することなく、サービスの全部または一部の提供を中断または停止する等の必要な措置を取ることができるものとします。この場合に会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。ただし、当社に故意または重過失がある場合には、この限りではありません。

第37条 特定会員の利用停止・会員資格取消

  1. 当社は、特定の会員が次の各号に該当すると判断した場合には、事前に通知することなく当該会員によるサービスの利用停止、当該会員のユーザIDおよびパスワードの変更、または当該会員の会員資格の取消しを行うことができるものとします。これにより会員に何らかの損害が生じたとしても、当社は一切責任を負わないものとします。ただし、当社に故意または重過失がある場合には、この限りではありません。
    • (1) 会員に法令や本規約等に違反する行為があった場合
    • (2) 会員にサービス利用に関して不正行為があった場合
    • (3) 一定回数以上のパスワードの入力ミスがあるなど会員のセキュリティを確保するために必要な場合
    • (4) その他当社が適当と判断した場合
  2. 前項のほか、会員が当社の定める一定の期間内に一定回数のログインを行わなかった場合は、当社は、事前に通知することなく当該会員のユーザIDおよびパスワードの変更または会員資格の取消しを行うことができるものとします。

第38条 サービスの変更・廃止

  1. 当社は、その判断によりサービスの全部または一部を適宜変更・廃止できるものとします。

第39条 言語、準拠法、合意管轄

  1. 本規約は日本語を正文とし、日本法に基づき解釈され、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。
別表1
期間 3日間
データ容量 100MB (1GB)
本通信サービス料金 無料